無料の楽譜・バンドスコア・Tab譜を検索
カスタム検索
NTTフレッツ光、最大5万円キャッシュバック!

スポンサーサイト

Sponsored Links


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 音楽ダウンロードへ





↓ このブログを応援してくださる方はクリックお願いします ↓
fc2 ブログランキング・にほんブログ村へ ninkiblog ブログランキング

Evanescence

Sponsored Links


Evanescence

Vocal :  Amy Lee
Guitar :  Terry Balsamo
Guitar :  Troy McLawhorn
Bass :  Tim McCord
Drums :  Will Hunt

Official Web Site




 Evanescence (エヴァネッセンス)は、アメリカ合衆国アーカンソー州リトルロック出身のロックバンド。evanescence は「消失」「はかない」という意味。

 エヴァネッセンスは、Amy Lee(エイミー・リー)と元メンバーであるBen Moody(ベン・ムーディー)が中学時代に出会ったことに始まる。リーがユース・キャンプ中のレクリエーションでミート・ローフの「愛にすべてを捧ぐ - I'd Do Anthing For Love」(『地獄のロック・ライダーII』収録)をピアノで弾き語りしているのに惹かれ、ムーディーが一緒にバンドをやろうと持ちかけた。

 リーとムーディーを中心に 『Evanescence EP』(1998年)、『Sound Asleep EP / Whisper EP』(1999 年)を Big Wig Entertainment よりリリース。このうち共作第2作目「Understanding」が地元ラジオ局でチャート・インするという幸運に恵まれる。しかしこの時は他にバンドメンバーもおらず、ライブなどの活動を満足に行えずにいた。

 続いて2000年にはキーボーディストとしてDavid Hodges(デヴィッド・ホッジス)を迎え、3人となった彼らは『Origin』を発表する。

 ワインド-アップ・レコードと契約した3人は、2002年にアルバム『Fallen』のレコーディングを開始。12月29日にホッジスが脱退するもアルバムを完成させ、2003年3月4日に同作品でアメリカでメジャーデビューとなった。

 アルバムからのリードシングル「Bring Me To Life」が映画「デアデビル」のサントラに使用された事もあり大ヒットを記録。世界で1400万枚のセールスを記録した。グラミー賞では最優秀新人賞と最優秀ハードロック・パフォーマンス賞を受賞。遅れて6月25日にアルバムが発売となった日本でも人気に火がつき、ゴールドディスク獲得、さらに日本ゴールドディスク大賞ではニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

 エイミー・リーとベン・ムーディーは、ギタリストとしてJohn LeCompt(ジョン・ルコンプ)、さらにデモの録音などにも携わったドラムスのRocky Gray(ロッキー・グレイ)、ベースのWilliam Boyd(ウィリアム・ボイド)を加えた5人体制でバンドを固め、プロモーションとツアーを始める。しかしその最中ヨーロッパツアー中の2003年10月22日、ムーディーがバンドから出奔するという事件が起こる。ギタリストでコンポーザーでもあるムーディーを失う痛手を受けつつもバンドはツアーを強行し、後任にはColdのTerry Balsamo(テリー・バルサモ)を迎えた。なおバンド脱退の理由についてムーディーは「創造性の相違」などを語っていたが、後に双極性障害なども理由であったことを告白している。

 1stアルバム『Falled』発売より3年の月日を経て2ndアルバム『The Open Door』が2006年9月27日に日本先行発売された(欧米は2006年10月3日発売)。全米1位、全英2位を獲得する。アメリカでの初動売上は40万枚前後を記録。アルバムからの先行1stシングルは、8月にラジオオンエアを解禁された「Call Me When You're Sober」。

 2006年7月14日に、バンドのベーシストであるウィリアム・ボイドの脱退を発表した。脱退の理由として、「大規模なコンサート・ツアーへの苦痛」と「家族のそばにいたい」というのが理由とされる。ボーカリストのリーは「彼が幸せであることを祈っている」とコメントしている。2006年8月10日に元The Revolution Smileのギタリスト、Tim McCord(ティム・マッコード)がベーシストとしてバンドに参加することが発表された。

 休暇中の2007年5月4~5日(アメリカ時間)に、ジョン・ルコンプとロッキー・グレイが解雇されたことが明らかになった。後任として現Dark New DayのドラマーWill Hunt(ウィル・ハント)と、ギターリストTroy McLawhorn(トロイ・マクローホーン)を迎えてツアーを再開している。


Discography

ザ・オープン・ドア The Open Door
2006/09/27
----->CDレビュー
フォールン Fallen
2003/03/04
----->CDレビュー


にほんブログ村 音楽ダウンロードへ





↓ このブログを応援してくださる方はクリックお願いします ↓
fc2 ブログランキング・にほんブログ村へ ninkiblog ブログランキング
スポンサーサイト

 | HOME | 

Menu


- PR -

サウンドハウス

















カテゴリー

リンク



アクセスランキング

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。